創立 及 戦前

established period & prewar
1930〜1944


1930 浜口雄幸首相銃撃、紙芝居「黄金バット」登場
1931 満州事変、漫画「のらくろ」連載開始
1932 五・一五事件、第1回日本ダービー
1933 ナチス政権獲得、日本国際連盟脱退
1934 室戸台風、巨人軍発足
1935 天皇機関説問題、第1回芥川賞・直木賞
1936 二・二六事件、漫画「フクちゃん」登場
1937 日中戦争始まる、第1回文化勲章
1938 国家総動員法公布、漫画「スーパーマン」登場
1939 第二次世界大戦勃発、横綱双葉山の連勝止まる
1940 日独伊三国同盟調印、大政翼賛会発足
1941 太平洋戦争開戦、尋常小学校が国民学校に改称
1942 ミッドウェー海戦、米国 原子核分裂に成功
1943 学徒出陣、国産初の長編アニメ映画「桃太郎の海鷲」
1944 学童疎開始まる、パリ解放



正門の前で戯れる

エプロン姿の園児たち と 園長


大正生まれの子どもたちが通ったこの道を、今日の園児たちも歩き、登園している。
(当時の正門は、現在の転輪寺山門辺りに位置した)

(上 2画像は右の写真を拡大したもの)




「愛和幼稚園全景」

(成尾健蓮のアルバムより抜粋)




園の前には、
広々とした畑が。







第1期生

園児の両側に園長と主任(ともに初代)、後方に保護者会役員方、
柱には「愛和幼稚園」がうかがえる。

(昭和5年の園舎 即ち転輪寺本堂前での写真)








1931(昭和6)年
木造園舎新築
                 長靴、革靴、運動靴。


園舎授受式



その当時の
後援会役員方






運動会お遊戯の練習中? (園庭にて)
ここに写る柳の木は 1994年 5月まで 園庭で遊ぶ園児たちを見守り続けた。







第2回保育修了記念遊戯大会



右;ひな祭りで生き雛を演じる。
このスタイルは今日に
継承されている。









「児童手技展覧会」
(現在の絵画製作展)





1932(昭和7)年
「三越デパート」に園児作品を出展したときの様子






リズム発表会の原点

昭和初期の「愛和バンド」!



(下の3画像は、左横画像を拡大したもの)




様々な発表会(年代詳細は不明。昭和10年前後のものと推測される)






客席のお母さん方は、着物が
多数派だった。(左写真を拡大)



左;後援会長 泉 藤三郎 氏



(上幕の文字を、左から読まないでね)




おひなまつり
(おひるごはん)







当時の先生たち




当時の保育風景




お遊戯の練習



舞台下には
足踏みオルガン







当時の園庭風景




古の

時波に揉まれ

ここに存り

成尾健蓮
若き創立者

(上画像の一部拡大)